レディー

コピー機の買取とリースの違い|サクサク捗る業務実現への道

業者に導入意志を伝える

コピー機

複写機の契約方法について

複写機、コピー機といえば各メーカーが凌ぎを競っている業界で大変な価格競争が進んでいます。とはいってもカラーなどの機種になると相当な価格のため、買取での導入をする企業がまだまだ少ないのが現状です。そういった場合に使われる事が多いのがリース契約です。コピー機の本体を販売店からリース会社が買取りし、エンドユーザーはリース会社と契約する事でコピー機を使用出来ます。コピー機は法定償却期間が5年間のため、5年契約にされるのが一般的です。5年契約のリース料金は、1.7〜2%のリース料率をコピー機の買取り価格を乗じたものが月額料金となります。5年間その料金を払い終わると、再リース契約になり、その月額料金ほどの料金で1年間使用する事が出来ます。サクサク捗る業務実現を目指しましょう。

コピー機をリースにする方法

コピー機をリースで導入するには、まずはコピー機の販売店に導入意思を伝える事です。複数の販売店に声をかければ、どこの販売店も必死に売込みしてくるので、自然とベストプライスの販売店が見つかります。販売店を選択したのち、導入の意思を販売店に伝えれば「リース、買取りどちらで導入しますか」と必ず聞かれます。ほとんどの企業がリースで導入していますので、買取りというと少し驚かれるくらいです。もし指定したい会社があればその際に伝えればコピー機販売店に伝えればその会社の申し込み書を持ってきてくれます。銀行系列の会社もありますが、そちらと契約したい際は販売店経由では無く、ご自分から連絡する必要があるはずです。その際は販売店からの見積りを忘れずに取得しておき、銀行系リース会社に提示する必要があります。

設備導入は低コストで

固定電話

ビジネスにおいては効率アップとコストダウンは重要な課題になります。どちらも慎重に行わないといけません。そこで、多くの人が活用しているビジネスフォンに注目してみましょう。

ビジネスは堅実な方法で

通話する女性

ビジネスで複数の電話を受けることができれば損失を防ぐことができます。そこで多くの人が利用している堅実な方法がビジネスフォンの導入です。最近では購入以外にリースのサービスも展開しています。

意外と高額な商品

印刷機

リサイクルトナーは価格という観点から、その有用性を証明できる部分があります。厳格な審査を通過した製品が販売されるため、安心して利用できるのも見逃せない魅力です。